トップ > 脱毛エステサロンを選ぶポイント > 痛くない脱毛 > 痛くない脱毛方法は?

痛くない脱毛方法は?

脱毛をしたくても施術時の痛みが怖いという人はたくさんいます。脱毛方法も複数あり、その種類で痛みの度合いも全く違います。脱毛効果と痛みの大きさを照らし合わせながら、自分の納得いく方法で気になるムダ毛を処理しましょう。

まず一番痛い脱毛方法は電気脱毛です。脱毛方法の中でも一番古い方法で、毛穴に特殊な針を挿入してそこに微弱な電流を流し込みます。痛みは大きいですが、毛根を電気の力で破壊するので一回施術を受けた箇所の毛が再生することはありません。今でも光脱毛やレーザー脱毛と組み合わせた施術が行われています。

光脱毛とレーザー脱毛は、ライトから出る熱エネルギーで毛根にダメージを与える方法で、大まかな仕組みは共通しています。メラニンにしか反応しないので肌の安全は守られますし、毛だけがダメージを与えます。この二つの方法で、痛みが小さいのは光脱毛の方です。レーザー脱毛の方が痛いですが、その分脱毛効果が高いので施術後の再発毛率はとても低いです。

レーザー脱毛と電気脱毛ではどちらが痛いかというと個人差がありますが、同じくらい痛いと感じることもあります。電気脱毛は1本ずつ処理するので痛みを感じる範囲が非常に狭いですが、レーザーは広い範囲を一度に処理するのでお手入れする箇所によっては非常に痛いからです。 痛いのが怖い場合は麻酔クリームや笑気ガスを医師が使用してくれます。

最も痛みが少ないのは、エステサロンや脱毛サロンを中心に行われている光脱毛です。ゴムで軽くはじく程度の小さい痛みがある程度です。弱い光を連続して照射するSHR方式の脱毛はさらに痛みが少なく、少しあたたかさを感じる程度まで痛みを抑えることに成功しています。ただ、脱毛機の出力が弱い分脱毛効果もゆるやかで、コース完了後に再発毛しやすい点は留意しておきましょう。

最近では光脱毛よりも痛くないハイパースキン脱毛という方法も登場しています。しかしハイパースキン脱毛を行っているサロンはまだ少なく、光脱毛よりも料金が少し高いです。敏感肌やアトピーなど肌の弱い方にはハイパースキン法をすすめします。

脱毛をしたくても施術時の痛みが怖いという人はたくさんいます。脱毛方法も複数あり、その種類で痛みの度合いも全く違います。脱毛効果と痛みの大きさを照らし合わせなが